ドレスシューズのタイプ別の解説

ドレスシューズのタイプ別の解説

今まで何となく革靴を選んでいませんか?

種類を把握することで目的の靴に辿り着きやすくなりますし、どのデザインが自分に合うかが分かってくると思います。

また用途によって革靴のタイプ別が変わってきます。

是非ご覧ください。

内羽根(バルモラル)

甲より前の部分に、鳩目の部分が潜り込んでいる状態の紐靴を内羽根と呼び、オックスフォード・シューズ(oxford shoes)別名、短靴と呼ばれ革靴の原型となった紐付きの靴です。

品がありスッキリと見え品格が出てる為にフォーマル向けでリクルート冠婚葬祭に向いています。

無地のスーツ・ジャケットそれにストライプのスーツとの相性が良いです。

またサイズの調整が外羽根より甲回りが広がりにくい為に、足のむくみを考慮したサイズ選びを心がけましょう。

カジュアルが強い格好には合わすと足元が浮いてしまう為に、デニムパンツ等に合わせる場合は全体的にクラシックなフォーマル寄りのコーデがいいでしょう。

外羽根(ブラッチャー)

甲より前の部分に、鳩目の部分が潜り込んでいる状態の紐靴を外羽根と呼び、総称としダービーシューズと呼ばれます。

内羽根よりカジュアル感は少し強くなり、スーツにも、ジーンズやチノパンツにも良く合います。

靴紐で羽根が開くのでサイズ調整の幅は内羽根より大きいです。

サドルシューズ

甲の部分に色や材質の異なる皮で馬にまたがる鞍(サドル)をつけたようなデザインを持つ靴の事。

同色の革を使用したシンプルなものもありますが、サドル部分だけ異素材を使用したり、革の色を変えたデザインが多く遊び心が詰まった上級者向けのシューズです。
フォルムとしてスマート、シャープよりかは少しごつくポッテとしたシルエットの物が多いです。

ブローグシューズ

 

美しい装飾が目を惹くメダリオンパーフォレーションなどの足をエレガントに見せるシューズをブローグシューズと呼びます。

クォーターブローグ、セミブローグ、フルブローグなどの種類があり、装飾によって特徴や利用シーンが異なります。

メダリオンとはつま先(ツゥ)に施された穴状の装飾のことで穴でエンブレムなどの模様が描かれます。

パーフォレーションとは靴の外周などに配された穴飾りの事を指します。

革靴の穴飾りを総じて「ブローギング」と呼び、部品のつなぎ目などに配されたギザギザの切り込みは、ピンキングという装飾です。

由来はスコットランド・ゲール語で靴の意の「ブロッグ」から派生したと言われています。

クォーターブローグ

つま先のキャップトゥに穴飾り(パーフォレーション)を施しメダリオンが無く、キャップトゥの一文字と外周にパーフォレーションを施した革靴を革靴を指します。

※外周のパーフォレーションがなく、一文字部分のみ穴飾りが施された革靴は「パンチドキャップトゥ」と呼びます。

装飾は控え目でかしこまりすぎず、派手過ぎず、程よい装飾が特徴で冠婚葬祭などにはあまり適していませんが、格式ばらない結婚披露宴などは許容範囲かと思います。

ビジネス用として使う分には問題なく、ストライプのスーツとの相性は良いです。

セミブローグ

メダリオン+パーフォレーションを施した革靴の事を指し、クォーターブローグと比べメダリオンが施されたものがセミブローグです。

起源が労働靴なので、理論的にはビジネス使用も問題ないのですが装飾性の面積が広がるために、カチっとしたフォーマルシーンでは避けた方が無難です。

クラシックな印象があり、スーツにもジャケパンスタイルにも合わせやすいです。

フルブローグ

ブローギングの装飾に加えて、つま先のラインが「W」の形状になり日本やアメリカでは、「ウィングチップ」の名で親しまれています。

革靴の中では最も派手なので、職場によっては使用を控えた方が無難です。特にトリッカーズカイエンなどの外羽根式はかなり存在感が強いです。

英国では黒靴がビジネス用、茶靴が休日用として定着していますがスーツにも合います。

カントリー色が強くカジュアルスタイルにも似合せやすいのがフルブローグの特徴。茶靴や外羽根式はもちろん、黒の内羽根フルブローグも合わせて頂くとお洒落です。

ホールカット

 

 

靴のアッパー(甲革)を一枚甲(whole cut)で形成したものを指しホール・カット、ワンピースと呼ばれることもあります。

アッパーは複数個のパーツを縫い合わせて作られていますが、一枚甲はその名の通り一枚の革でアッパーを作ります。一枚の革をラスト(木型)に貼り付けるようにして形を整え、引っ張りながら、シワを伸ばしていきます。

通常よりも大判の革を用いなければ裁断できないため、革の品質も高いものが求められ靴メーカーやブランドとして品質に自信を持っている何よりもの証明になります。
一枚甲の靴は木型に合わせられた形が丸みを帯びるので、柔らかく繊細な印象になります。

もちろんビジネス用としても使えますし、休日のカジュアルな格好にも合わせやすいです。

 

モンクストラップ

ストラップバックルによって靴を固定する種類の革靴のをモンクストラップと呼びます。紐靴の方がフォーマルではありますが、仕事用としてスーツに合わせても問題はありません。

名前の由来が修道士(モンク)が履いた事からついたと言われています。

モンクストラップは、一般的な紐履に比べるとややフォーマル度は低めという認識でリクルートや冠婚葬祭は控えた方が無難です。

種類として、シングルモンクダブルモンクまたトリプルモンクもあります。ストラップの数で呼び方が変わります。

装飾としては様々でプレーンな装飾がないものからメダリオンやストレートチップなど装飾があるものやコバの種類によっても表情が変わります。

サイドエラスティック

伸縮性のあるゴムを織り込んだ生地「エラスティック」を、トップラインの踝の脇周りに配置した靴のことを、「サイドエラスティックシューズ」と呼びます。

スリッポンの一種で靴ひもの無く靴の脱ぎ履きが容易で、履いた後も適度に締め付けてくれるのです。

内羽根式の紐靴と似た、品があるシルエットになります。

ブーツからシューズへの時代の変化を受けて、「サイドゴアブーツ」がアレンジされこのようなスタイルです。

日本でも深く浸透しており、その理由が「甲高幅広の日本人の足に合う」「靴の脱ぎ履き文化」に合ったビジネスシューズと言えます。

このモデルのUチップを年配の方が履かれる事が多く、デザイン的にも地味な印象を受ける物が多いですが、様々なデザイン性の高いものも数多くあります。

ローファー

靴紐なしで履けるスリッポンの総称をローファーと呼びます。革の弾力を利用して足にフィットさせる構造から、一般的には小さめのサイズを選ぶのが正解です。

ビジネス用としはNGです。紐もベルトも付いていない靴のことを、総称して「スリッポン」と言いますが「slip on」まるでスリッパのように足を滑らしてサッと履けるイメージで人によっては「楽をしている」くだけたイメージを持たれカジュアル用として履きましょう。

種類として「コインローファー」「タッセルローファー」「ビットローファー」があります。

コインローファー

アッパー部分に切り込みが入った革のサドルストラップが付けられた代表的な形状のローファーです。

また「コインローファー」切り込みにコインを挟むことができたためについた名前でこの二つは同じ靴の事を指します。

デニムなどを合わせたカジュアルなスタイルに合わせられることはもちろん、フォーマルなキレイめコーデにも使えます。

タッセルローファー

タッセルと呼ばれるヒモの先端についた房飾りの施されたローファーです。タッセルスリッポンタッセルモカシンとも呼ばれます。

ドレス度が高い革靴ですが弁護士たちが使うローヤーズシューズとしての一面も持っています。

国際的な基準ではカジュアルシーンがメインでフォーマルスーツスタイルにタッセルローファーを合わせるのは、アイビーやプレッピースタイルが根強いアメリカと日本くらいと言われています。

ビットローファー

甲の飾りベルト部分に、ホースビットと呼ばれる馬具を模した金属飾りがデザインされたローファーの事を指します。

1953年にイタリアを代表するラグジュアリーブランドの「グッチ」が発明しエレガンスな印象を与えてくれるドレス度の高いデザインが特徴です。

番外編:モカシン

一枚の革で足を包み込むように作られたものでアメリカの先住民が履いていたスリッポン形式の事を指します。

ア甲の部分がU字状に縫われている縫合形式を”モカシン縫い”と呼び、それが”モカシン”と呼ばれる靴の名称になったという説が有名です。

ヴァンプシューズ

モカ縫い以外の甲の部分に何も飾りが施されていないローファーのことを指します。別名コブラヴァンプと呼ばれています。

こうしたデザインの革靴は、日本で「バンプ」と呼び、海外では「ヴェネシャン」とも呼ばれています。

まとめ

完全に種類を網羅は出来ませんでしたが主要な種類は抑えました。

カジュアル度からフォーマル度の割合

シンプル度から装飾度数の割合

この二つのマトリックスで革靴のタイプ別がまとめることが出来ると思います。

実際に靴屋さんかネットショップで靴を見てタイプ別分けをしてみて下さい。

そうすればかなり理解が深まると思います。

 

 

ドレスシューズカテゴリの最新記事