ドレスシューズの各部分の説明

ドレスシューズの各部分の説明

ドレスシューズの部分、パーツ毎の説明をします。

【アッパー】 甲革全体を指し、表甲とこれを補強するライニングからできている。
【インソール】 一般的には中敷(なかじき)と呼ばれる、靴の中に貼られた敷き革。
【アウトソール】 本底のことを指す。靴の底に取り付けられる保護部品。
【トゥスプリング】 靴の爪先部の反り上がりのこと「爪先上がり」ともいう。
【トップライン】 靴の履き口の縁のこと「トップエッジ」ともいう。
【ライニング】 革や合成皮革、布素材でつくられる『靴の裏地』のこと。
【トップリフト】 ヒール本体を護る目的でつけられる先端部に取り付けられる素材のこと。
【ウエルト】 靴の甲革と底革の間に入れる細革のこと。紳士靴などに特に多く使われる。
【コバ】 ウエルトのない、靴の内側ふまずから爪先を通り、外側ふまずまでの本底縁のこと。
【スロート】 アッパー爪先革と腰革の間、上端中央部。パンプスの場合は前部先端中央部を指す。
【ヒール】 かかと部に取り付けられる支えのこと。高さ、形など種類が多い。
【ヒールベース】 ヒール本体のこと。かかと部(ヒール)のメインとなる大きな部品。
【アイレット】 靴紐を通す穴のこと。「はとめ」ともいい、紐のすべりを良くする機能を持つ。
【シューレース】 靴紐のこと。靴の代表的な調整具、留め具で足を固定させる紐。
【タン】 ベロともいう。紳士靴などの紐靴についている革片、ゴミ、砂よけのこと。

ドレスシューズカテゴリの最新記事